2019年12月13日

宝の箱のパスワード52

創価学会(そうかがっかい)インターナショナル会長である、
池田先生が、

なぜ?

世界の一流の識者(しきしゃ)たちと
友好(ゆうこう)の和を広げ、
世界中に、
創価学会の理解者、支援者(しえんしゃ)の和を広げ、
世界192ヶ国に、
創価学会を、
広めることが、できたのか?


それは、池田先生が、
ひとりの人間を、
他のだれよりも、大切にしたからだ!そうです。



池田先生は、1974年9月8日、
創価大学の創立者(そうりつしゃ)として、
初めてソ連の大地を踏(ふ)んだ。

出迎(でむか)えたのは、招へい元(しょうへいもと)である
モスクワ大学のホフロフ総長。

この初訪ソは、モスクワ大学の招(まね)きに
よるものだったそうです。

池田先生が、モスクワの空港に到着(とうちゃく)すると、
真っ先(まっさき)に出迎えてくれたのが、
モスクワ大学のホフロフ総長(そうちょう)だったそうです。

ホフロフ総長は、著名(ちょめい)な放射線物理学者で、
とても不思議(ふしぎ)な
人格の魅力(みりょく)にあふれた方だった。

そして、池田先生と、ホフロフ総長は、
強い強い、友情のきずなを、結(むす)ぶ。


1977年、ホフロフ総長は、
登山中の不慮(ふりょ)の事故で亡(な)くなられました。

ソ連では、亡くなった人のために、
知人が、墓参(はかまい)りに行ったり、
亡くなった人の友人が、
その亡くなった人の家族のところに行って、
親交と友情を結ぶような習慣(しゅうかん)は、
決して、ないそうです。

けれど、池田先生は、あえて、
亡くなられたホフロフ総長の墓前(ぼぜん)に行き、
心からの祈りを、ささげ、
また、ホフロフ総長の家族のところに、おもむき、
ホフロフ総長の2人の息子を、
心から、励(はげ)まして、
親交(しんこう)を結んだそうです。

それ以来、
池田先生と、故ホフロフ総長の家族との親交は続き、
故ホフロフ総長の息子たちは、
日本と言えば、創価学会!
日本と言えば、池田先生!と、
断言(だんげん)するようになったそうです。


池田先生が、どれだけ、
一人の人間を大切にしているか・・・。


正直(しょうじき)、ぼくにも、わからない・・。


だから、池田先生の話しを、
そのまま、
のせたい・・。

『当時、日本において、
ソ連に対するイメージは決してよくなかった。
社会主義陣営と西側諸国の間の
壁(かべ)を象徴(しょうちょう)する、
"鉄のカーテン"という言葉もあった。
マスコミの影響(えいきょう)も大きかった。

しかし、ホフロフ氏の人柄(ひとがら)には、
そうした懸念(けねん)を
一掃(いっそう)する力があった。

出会う人の心を、がらりと変えてしまう力があった。


思えば、モスクワのホテルで出会った
従業員(じゅうぎょういん)の一婦人との、
心温(こころあたた)まる交流も忘れられない。


人の心には、
さまざまな先入観(せんにゅうかん)や偏見(へんけん)がある。

それらが、正しい理解や認識(にんしき)を
妨(さまた)げている場合が、
あまりにも多い。


そうした"心のカベ"を破(やぶ)るものは何か。


それは、温(あたた)かな人間性であり、
開かれた対話であり、
どこまでも誠実(せいじつ)な振る舞い(ふるまい)である。』


・・・・・・・・・・・・・こころ(宝の箱の、パスワード)・・・・・・・・・・・・・

前に、聞いた話しだけれど、
池田先生は、まるで、

『激励(げきれい)マシーン』

のような人だそうです。

人がいると、その人を、
励まさずには、いられない!
どんなに自分が、疲(つか)れていても、
体調が悪くても、
人がいると、励まさずにはいられない!

励まして、励まして、励ましぬく。


日本では、池田先生を、
まるで、教祖(きょうそ)のように考えている人が、
いるようだけれど、
ぜんぜん、違(ちが)う!!

教祖は、信者から見ると、
あがめる対象(たいしょう)であり、
「教祖さま~~~!」といって、
まつりあげる。

だから、教祖は、信徒(しんと)を、人間ではなく、
奴隷(どれい)にしてしまう。

池田先生は、逆(ぎゃく)だ!

人間を人間として、
まるで仏(ほとけ)のように尊敬し、
励まして、励まして、励ましぬく。

だから、池田先生に会った人は、
励まされ、自信が、わいてきて、
勇気がわいてきて、
人間としての尊厳(そんげん)に、
目覚(めざ)めていく!


人間が、人間を、引っ張(ひっぱ)っていく。


池田先生という人間を見て、
ぼくも、私も、ああ、なれるんだ!
なっていくんだ!と、
勇気と希望を持って、
人生に挑戦し、前進していける!


それが、池田先生という、存在(そんざい)だと思う。


その池田先生を、
世界の一流の人物たちは、
鋭(するど)く、見抜(みぬ)いている!

だから別に、創価学会員でなくても、
池田先生の行動と思想に注目(ちゅうもく)し、
池田先生を人生の師匠(ししょう)と
あおいでいる人たちが、
世界には、たくさん、いる。


まして、ぼくたち創価学会員にとっては、
池田先生は、人生の師匠!!


仏法(ぶっぽう)においては、
『師匠(ししょう)』は、
人生を、人間として生きていくうえで、
とても大切で、とても深く、
とても峻厳(しゅんげん)な
意味があるのだと思います。

『師匠』の中には、
人間性、哲学(てつがく)や思想、
希望と勇気と幸せ、

それらのものが、集約(しゅうやく)されているように
思われる。

けれど、それを説明するのは、
難(むずか)しい・・・。


たとえば、
『ナビゲーター』がいるとする。

まったく知らない道であっても、
素晴らしいナビゲーターがいると、
安心して、その道を進んでいける!


けれど、そのナビゲーターは、
それだけではない・・。


希望と勇気を、与(あた)えてくれる。
幸せの方途(ほうと)を示(しめ)してくれる。
もっと言えば、
自分で幸せの道を歩む力(ちから)を与えてくれる。
チャンスをつかむ方法も、
人生を勝利する方法も・・・!!


そんな信頼(しんらい)すべき、
幸せと希望に満(み)ちた存在が、
『師匠』なのかもしれない。



まったく、何が起こるかわからない
人生という道、

どんな苦難(くなん)が襲(おそ)ってくるかも、わからない。

また、乗り越(こ)えていけるかも、わからない。


その最も困難(こんなん)な人生という道を、
安心して、進んでいけるようにしてくれるのが、
「師匠」だとしたら、
池田先生は、人生において、
希望と、勇気と、幸せを、
自分の行動と、励(はげ)ましによって、
絶えず、人々に送り続ける、
世界最高の『師匠(ししょう)』なんだと、
心から思う・・・・・・!!


・・・・・・・・・・・・・こころ(宝の箱の、パスワード)・・・・・・・・・・・・・
posted by タカパス at 11:03| 世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月29日

宝の箱のパスワード33



世界は、一流の人物を求めている。


平和を願う有能な識者や学者たちは、
本質(ほんしつ)を求め、本物の行動をする人間を、
鋭(するど)く!見抜(みぬ)いている。


その結果が、
池田先生(創価学会インターナショナル会長)へ贈られた、
『名誉学術称号(めいよがくじゅつしょうごう)』
なのだと思う。

名誉学術称号とかいうと、分(わ)かりづらいけれど、
世界のさまざまな大学から贈(おく)られた、
名誉博士、名誉教授、名誉学長などの称号(しょうごう)です。

このブログを読んでいる人の中に、
名誉博士号を、いただいた人はいないと思うけれど、
もし、いたとしたら、
これらの称号を、
たった一つでも、いただくことが、
『どれだけ大変か!』、
『どれだけスゴイことか!』
受章(じゅしょう)したことのある人だったら、
よく、わかると思います。


そんな名誉学術称号を、
池田先生は、『385』も
受章(じゅしょう)している。


すごすぎて、いったいどれくらいスゴイのか、
想像(そうぞう)がつきませんが、
ある創価学会員が、
中国に出張(しゅっちょう)で出かけたおり、
仕事関係の中国のある人物に、
その話しを、したそうです。

その中国の方は、
優秀な大学を出ているエリートなので、
博士号などが、どれだけ大変かを、
よく理解している人だったらしいけれど、
池田先生が、名誉学術称号を300以上も
いただいている話しをしたら、

「それは、ありえない!」 
「不可能だ!」

と、びっくりしたそうです。


そして、


「きみの師匠(ししょう)は、
 それほど偉大(いだい)な人なのか!」


と、言ったそうです。


その中国の人の言葉をかりれば、
池田先生は、それほど!
偉大な人間なんだと思います。

それは、ただ盲目的(もうもくてき)に、
師匠を、あがめたてるというのではなくて、
現実に、世界が認(みと)める事実だからです。

世界は、正しいものは正しい!
偉大なものは、偉大だ!と、
まっすぐに、ものごとを見てくれる!
ということです。

日本の場合は、独特(どくとく)の
島国気質(しまぐにきしつ)というか、
世間(せけん)を気にする風潮(ふうちょう)のせいか、
なかなか、素直に物事を
評価(ひょうか)できない部分があると思います。

やはり、日本では、
以前からあった悪質なデマや、
三流マスコミの、ひねくれた記事などの影響(えいきょう)か、
その日本人的な精神風土(ふうど)のせいなのか、
池田先生に対する評価、理解は、
まだまだ、
されていないように思われます。

そう言っている、ぼくも、
日本に住んでいますので、
はっきりいって、池田先生が、すごすぎて、
偉大すぎて、どれくらいスゴイか?
本当は、まだまだ、
認識(にんしき)が足(た)りないのかもしれませんが・・・・。


池田先生は、それだけでなく、
全世界の都市や市、町から贈られた
「名誉市民」の称号(しょうごう)も、
『800』も、いただいている。

こちらも、すごすぎて、
偉大すぎますが、
日本の三流のマスコミなどは、
嫉妬(しっと)して、
金を、ばらまいて、もらったんだとか、
あまりにもバカなことを、
言ったりしていました。


けれど、冷静(れいせい)に、
よく考えてみてほしいです・・・。


そうだとしたら、あまりにも、
世界の大学や都市を、バカにしています。

だいたい、池田先生が、
「名誉博士」の称号を、いただいた大学は、
世界の一流の大学だけれど、
そういう大学が、金で、名誉博士号を、
与(あた)えたりしたら、
それこそ、大学の権威(けんい)が、がた落ちで、
大学の権威も、価値(かち)も、
まっさかさまに落ちていってしまいます。


だから、そういうことは、絶対にしません!


名誉博士号を与(あた)える場合は、
その人のことを徹底的(てっていてき)に調べ上げ、
本当に、価値のある、
世界に貢献(こうけん)している、
素晴らしい人物にしか与えません!

しかも、一人でも、反対する人がいたら、
与えることはなく、
満場一致(まんじょういっち)でないと、
名誉博士号は、いただくことはできません!

名誉市民の称号も同じです。
本当に尊敬し、
偉大な功績(こうせき)のある人物にしか、
あたえることはないでしょう。

なぜならば、それは、
その都市の名誉(めいよ)に、
かかわってくるからです。


昔の資料(しりょう)ですが、
池田先生の名誉市民の称号が、
400を超えた時、
ボリビア・アキーノ大学総長の、
ホセ・アントニオ・デチャサール氏が、
400の名誉市民の称号をたたえて、
メッセージを送られています。

その時のメッセージが、
とても、わかりやすく、
池田先生のことを表現していますので、
それを、そのまま、
紹介(しょうかい)したいと、思います。


世界の一流の人物が、池田先生を、
どう見ているか、
どう考えているのか、
とても良く!わかるので、
すこし、かたくなりますが、
読んでくださったら、幸(さいわ)いです・・!!!


////////////////////////////

名誉市民の称号は、ラテンアメリカでは、
特別な意味を持ちます。
決して、普通のことではありません。
社会的に特別な地位にある人で、
その市の歴史に、つづるべき事業(じぎょう)・・・
すなわち、我々のコミュニティーに
特別な恩恵(おんけい)を与える事業を、
行った人に対して贈られるものです。

だからこそ、東洋の偉大なる哲学者(てつがくしゃ)であり、
私の親愛(しんあい)なる池田大作博士に
ボリビア・サンタクスル州のラ・グアルディア市政府が、
「最高賓客(ひんきゃく)賞」を贈ったのです。

これで、池田博士への名誉市民称号は、
世界で、「400」になったと、
うかがいました。

現代史において、このような世界的に高い評価を得(え)、
世界平和のために戦っておられる卓越(たくえつ)した人物は、
池田博士をおいて他に例を見ないでしょう。

「400」の名誉市民という一例が意味するのは、
人類にとって最も重要な問題解決に向かって
行動されている人物への最高の賞賛の証(あかし)であり、
他人への非常に、こまやかな配慮(はいりょ)、
気遣(きづか)いをし、
より高い人間性へ導くという
非凡(ひぼん)な人格(じんかく)を、
想起(そうき)させるものです。

池田博士が、同志(どうし)である
SGI(創価学会インターナショナル)メンバーと
世界中で進めている社会貢献(こうけん)の行動は、
世界平和実現に向けて、
地道(じみち)な行動です。

皆様は、人権の尊重(そんちょう)や憲法の保障(ほしょう)など、
この地球上のすべての差異(さい)を有する
コミュニティーを構成(こうせい)する人が、
平和的に共生(きょうせい)できるように
努力しておられます。

私は、このSGIの行動に
地球上の全文明が感謝する義務(ぎむ)を
有(ゆう)すると確信しています。

そして、各市が名誉市民という形で表す「感謝」は、
多数の市民の思いが集まった
「ひとつの証書(しょうしょ)」という形には、
とどまりません。

あらゆる社会の生活状況の改革(かいかく)を
模索(もさく)する池田博士とSGIの皆さまの、
他者への献身的(けんしんてき)な行動こそ、
市民の模範(もはん)であり、
目指すべき方向は同じであるとの、
共感のメッセージを全世界に発信しているのです。

技術開発によって急速に変化する先進的な現代世界にあって、
池田博士は、一人の弟子として、
師匠(ししょう)である牧口先生、戸田先生の唱(とな)えた、
「人間の総合的な開発」「価値(かち)の創造(そうぞう)」
「市民性」「教育」「保健」「平和」
「正義による民衆の解放(かいほう)」
などの教えに従(したが)い、
一途(いちず)に行動し、世界中から賞賛を受けられています。

この一事(いちじ)に、私は、
最大限の賛辞と共感(きょうかん)を贈りたいのです。

東洋の大哲学者である池田博士の友人であるという、
栄誉(えいよ)について、
感動を隠(かく)し切れません。


池田博士とは、数年前に東京で、
お会いすることができました。

私の人生の中で最も、すばらしい瞬間でした。
その卓越(たくえつ)したリーダーシップ、
その例を見ない人間性を、
彩(いろど)る聡明(そうめい)さ、
池田博士その人すべてに、深く感動しました。

創価大学での荘厳(そうごん)なセレモニーを終え、
池田博士との、会見に向かった私たちを迎(むか)えたのは、
池田博士の、あたたかく広げられた両腕でした。

大感動を禁(きん)じえない出来事であり、
いまだに自分自身の精神の記念碑(きねんひ)として、
その時の場面は消え去ることは、ありません。


日本訪問は、私自身の人生の中で最も大きな体験でした。
池田博士が指揮(しき)をとられ、
この世界が、正義と自由によって、
より人間的であるよう尽力(じんりょく)されている、
SGIの、すばらしさにも感動しました。

師匠である池田博士との出会いによって、
私は、
本当に幸福な時に池田博士の支(ささ)えを感じ、
また困難(こんなん)な時には
博士の激励(げきれい)を感じ取り、
その生命の言葉に希望の地平(ちへい)が開くのです。

池田博士と地理的な距離はありますが、
ボリビアSGIのメンバーと接(せっ)することで、
人間対人間の交流、
また、心と心の触(ふ)れ合いを感じ、
より良い人生の展望(てんぽう)を
描(えが)けていることに感謝しています。


あらためて池田博士に「400」の名誉市民の受章への、
祝福の言葉を申し上げます。

この一大慶事(けいじ)は、
池田博士だからこそ、値(あたい)するものです。

数多くの市が、その行動を高く評価し、
名誉市民、最高賓客(ひんきゃく)賞という
顕彰(けんしょう)を行っていますが、
これらの市は、池田博士を、
その一名誉市民として迎(むか)えることに
栄誉(えいよ)を感じていることでしょう。


池田博士は私たち人類すべての模範(もはん)であり、
世界的な指導者です。

人類は歴史という本に、
「池田博士の章(しょう)」を、
あけて待っていることを確信します。


////////////////////////////

・・・・・・・・・・・・・こころ(宝の箱の、パスワード)・・・・・・・・・・・・・

池田先生は、
この池田先生が、いただいた、
「名誉博士称号」や「名誉教授称号」の、
385の名誉学術称号も、
800の「名誉市民」の称号も、
すべて、創価学会(そうかがっかい)の
会員の皆さまの代表として、
いただいたんだ!と、
よく話します!

創価学会の会員のひとりひとり、みんなが、
「名誉博士」も「名誉市民」も、
いただいたんだと!


『だから、誇(ほこ)りを持て!!』と。


これは、お世辞(せじ)でもなんでもなく、
池田先生の、本当の、
こころだと思う。


そして、弟子である創価学会の一人一人を思う、
決意と真心(まごころ)の言葉なんだと思う・・・・!


・・・・・・・・・・・・・こころ(宝の箱の、パスワード)・・・・・・・・・・・・・
posted by タカパス at 12:55| 世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする